がんになっても好きな所へ出かけて好きなことをする!

 Yoshikoさんに伺いました! 

がんの告知後に誰もが受けるショックを乗り越えて、本格的にヨガを再開し、治療中であってもいつも前向きでポジティブな姿には多くの勇気をもらいます!!

がんと向き合う期間を自分らしく過ごすこと。しなやかさの中にある強さに気づかされました。

乳がんを経験 30代主婦 Yoshikoさん

★プロフィール★
東京都在住
小学生2人の母
趣味:ヨガ 、お菓子作り

2016年アシュタンガヨガに出会い、その魅力にはまり週末2.3回ペースでヨガを続けていました。
柔軟性はもちろん、筋力がupし20代より身体が軽くなる感覚を覚え、以来生活の中で欠かせないものとなりました。

飽きやすい私が大人になってから見つけた趣味。
これならこの先もずっと続けていきたいと思い2018年春、通っていたスタジオでTTC200に挑戦し、取得しました。
そんな矢先に乳癌告知を受けました。
告知を受けてからしばらくは、乳癌で母を亡くしていた経験から、私も死ぬんだと悲観的になりヨガをする気力もない日々が続いていましたが、ある時見つけた乳がんヨガのクラスに参加したことをきっかけに少しずつヨガを再開することができました。

私の場合、ヨガは単なるエクササイズではなく、ヨガを通じて出会った大切な友達がいて、その友達に会いに行くそして一緒にヨガをする!
という目標がとても励みになっていて、治療中でも好きなところへ出かけ、好きな人と会って、好きなことをしながら治療期間を過ごすことができました。

関連記事

  1. ウェルネスツーリズム 箱根小涌園天悠 海石榴

  2. VforVICTORYへ参加しました‼

  3. サバイバーズCHOICE 上羽絵惚 胡粉ネイル

  4. CancerGift プレゼント 終了

  5. 生きることは動くこと P.A-style代表高橋亜紀さん

  6. がん検診受診率向上のためのプレゼント制度 終了しました

Facebookぺージ

Instagram