CancerGift(キャンサーギフト)

   がんと向き合う方のための福利厚生カタログ

 

キャンサーギフトとは「がんになったからこそ得られたもの」という意味の言葉です。告知を受けた時の誰もが感じるショックから、がんと向き合う期間を経るうちに、気が付くと新しい視点や出会いなど、「がんになったからこそ得られたものがある」ことに気づかされます。だれにでも起こりうる「病気と向き合う期間」を一つのライフステージととらえ、その期間をもっと前向きに、充実させたものとなるように私たちは自分たちの経験から提案していきたいと思っています。

 

 

がんに罹患した経験は、今までの生活を変えてみようと思うきっかけとなったり、変化のタイミングとなります。その新しいスタートをぜひ楽しんでいただけるような発信をサバイバーの視点からしていきたいと思っています。

   CancerGiftは がんと向き合う方を応援したいと思っている多くの方々・地域により支えられています。この輪が広がっていくことで、がんに罹患した方が孤独を感じることがなく、積極的な生活を送れることを願っています。また周囲の方がつながりを通じてご自身の健康について意識するきっかけとなり、多くの方の健康の増進につながることを心から願っています。CancerGiftは地域のがん検診受診率向上のためのきっかけづくりにも貢献しています。

 

冊子は年2回発行 全国の病院、患者支援施設、がん患者サロン、クリニック、企業、患者団体にて配布しています。

                      

Facebookページ

Instagram